フランクフルト現地ツアーレポート

第8回国際シードルメッセでは、海外ゲストのために主催者公式市内ツアーが開催されました。

公式ツアーでは、エストニア、ラトビア、スエーデン、ロシア、イタリア、スペインなどからの出展者の皆さんとご一緒しました。

また、日本チームはこれに加え、主催者のひとりであるアンドレアス シュナイダー氏のシュタインベルグ農園訪問を本会でアレンジしました。

訪問した施設のリンクを掲載しますので、今後フランクフルトを訪れる際には、ぜひ参考にしてください。

★ シュタインベルグ農園 Obsthof am Steinberg

シュフス・レストラン Schch’s restaurant

:市内で5世代続く由緒あるレストラン。6代目はなんと女性。市内にありながら、搾汁器やセラーを見ることができます。

市中心部からトラムでも行けます。

レーマー市庁舎

:2009年から2013年まで、国際シードルメッセの会場として使用されました。

Apfelwein kontor

Markt im hof

:訪問したのは土曜日だったためか、非常にたくさんの来場者があって驚きました。

 

Lorsbacher Thal

:メッセ出展者の打ち上げは、ザクセンハウゼンの居酒屋のひとつLorsbacher Thalで行われました。

ザクセンハウゼンには多くのアップルワイン居酒屋がありますが、こちらでは世界中のシードルがオンリストしていることに加え、ハウス・アップルワインの品質もとても高いです。

伝統料理のグリーンソースが添えられた料理の数々、ハンドチーズなども食せます。

ハウス・アップルワインを、ベンベルと切子のグラスで、ゴクゴク、ガブガブ飲みましょう!

IMAG2956

店主のフランクさんもとっても気さくな方です。

IMAG2959

ザクセンハウゼンの伝統的居酒屋は、皆さん地下室にセラーを持っています。

IMAG2957

研究熱心なフランクさんの地下室は、秘密のラボラトリーといった様子です。

今回、日本チームの渡航及び現地ツアーは、飯田ツーリストセンターに手配いただきました。

フランクフルトへアップルワインの旅をご計画の皆様には、

ノウハウある飯田ツーリストセンターへのご相談、現地通訳のご相談などございましたら、

お気軽に本会事務局office@pommelier.net まで、ご連絡ください。

よろこんでお繋ぎいたします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>