国際シードルメッセ レポート

IMAG3013

2016年4月10日 ドイツ フランクフルト市のパルメンガルテンを会場に、

第8回国際シードルメッセがInternationale Apfelweinmesse 2016が開催されました。

今年は、日本をメインゲスト国として、日本から3社が出展。

また、大変光栄なことに、ヨーロッパで日本酒文化を発信されているUeno Gourmetさん、日本政府観光局とご一緒しました。

世界各国から100社を超えるシードルメーカー、関連食品等企業、各種団体が参加し、400銘柄以上のシードルが集結しました。

IMAG2971

開会式は、お琴の演奏をはさみながら進行し、会場の皆さんに感動を与えていました。

在フランクフルト日本国総領事の神山総領事から、来場の皆様へご挨拶がありました。

今回出展の3社にちなみ、

タムラファームさんのある青森県弘前市は、日本のシードルの発祥の地と言われていること、

南信州まつかわリンゴワイン振興会さんのある長野県松川町は、果樹栽培100周年を経過したこと、

そしてPoshシードルのある長野県飯田市は、日本のリンゴ栽培の父 田中芳男 男爵の生誕地であることをご紹介いただきました。

IMAG2976

もちろん最後には、恒例の「アップルワインの歌」の合唱も。

11時になり、いよいよテイスティングタイムが開始。

当初から日本ブースは大変多くのお客様で混雑しました。

IMAG2992

ポム・ドール賞を受賞したタムラファームさんのブース。

現地通訳さんと一緒に、ひっきりなしのゲストに丁寧にご対応されていました。

IMAG2986

松川町のみなさんは、お着物や、折り鶴、翻訳パンフレットなど、チームワークと丁寧な接客が光ります。

ポム・ド・リエゾンも大活躍!

IMAG2990

一年熟成しているPoshも好評でした。本会理事たちがサーブや商品説明を行いました。

「Posh」って意味わかって名付けているの?と聞かれることがありましたが、

『「音」が由来なんですよ。フランス語の「ポム」と、泡の「シュワッ」です、と片言の英語で伝える場面も。

常に多くのゲストが訪れる日本ブースで、現地通訳の3名の皆様には、大変な想いをされたかと思います。

本当にありがとうございました。

一方、見本市の場数を踏んでいる田村社長や後藤理事長、まし野ワインの竹村醸造家は、さすがの貫禄。

そして、いつもリンゴ農園でお客様をお迎えしている2人のマダムは、笑顔を絶やさす素晴らしい対応でした。

やはり、リンゴ生産地の持つ人材のポテンシャルの高さ、そして、ポム・ド・リエゾン有資格者の知識と経験の基礎力を、海外のフィールドで改めて実感しました(ちょっと上から目線な発言で、気を悪くされたらごめんなさい。)

IMAG3004 ちなみにこちらは「グラス・ファンド」

というデポジット制のグラス貸し出し。入場料以外に、5ユーロでグラスを借りて、帰りに戻せば5ユーロ帰ってきます。

日本のイベントでもぜひ採用してみては!

(ちなみに私はグラスが迷子になりました・・・というわけでグラスを割る以外でも、きちんと「お片付け」できることが重要です!!)

国際シードルメッセは、毎年開催されています。世界のシードル生産者とつながるとてもよい機会と思います。

日本シードルの輸出、或いは商品開発や品質向上を目的に出展を希望される日本のメーカーの皆様、

また、各国のシードルの輸入をお考えの事業者の方で、ご興味のある方はお気軽に本会までお問合せください。

よろこんで主催者へお繋ぎいたします。

★こちらもチェック★

● メッセ当日のカタログはこちらからダウンロードできます。

● 各社Facebookもぜひご覧ください。メッセの様子が、みなさんの感動と共につづられています。

タムラファーム

南信州まつかわりんごワイン・シードル振興会

信州まし野ワイン株式会社

ポム・ド・リエゾン女子会

IMAG3018

IMAG2998 地元ヘッセン州のみなさんのブース

IMAG3017 エストニアの生産者

 

IMAG3006 赤果肉リンゴもテーマのひとつでした

IMAG2996

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>